ひどくなり爪を剥がす手術をしました

ひどくなり爪を剥がす手術をしました

私はかなり前から爪水虫の症状に悩まされ続けていました。医者にも行きましたが、爪水虫はほかの水虫とは違って、塗り薬だけでは治りにくいということで、様々な内服薬をもらいました。しかし私は昔から飲み薬が苦手で、薬によっては気持ちが悪くなったり、吐き気や腹痛が出ることも多くありました。

 

爪水虫の内服薬も恐る恐る飲んでみたのですが、やはり吐き気の症状があり、最初は我慢して飲んでいましたが、耐えきれなくなって薬を飲むのをやめてしまいました。このこともあり、一向に爪水虫の症状はおさまる気配を見せず、それどころか爪の周りは炎症を起こして真っ赤にはれてしまいました。

 

最後には靴を履くこともできず、歩くだけでもつらく、仕事や日常生活に支障をきたすようになったので、もう一度医者に相談することにしました。

 

すると医者は爪を剥がす手術をすすめてきました。すでに私の爪は壊死してしまっている状態で、剥がれ落ちるのも時間の問題だと言われました。そこで私は爪を剥がす手術に踏み切りました。

 

そして剥がした部分に塗り薬をぬり、少しずつですが症状は回復してきています。あの時に非常に迷いましたが、爪を剥がす手術をしてよかったと思っています。

 

 

爪水虫にティーツリーを使ったケア

なんだが足の爪あたりがかゆくて悩んでいたのですが、見てみるとなんだか水ぶくれのようなものできていました。
調べてみるとこれは爪水虫という症状のようでしたので、外用薬の方が良いかと思ったのですが、アロマであれば使い終わったともいろいろな使い道があると考えてティーツリーを購入したのです。

 

ティーツリーを使った爪水虫のケアとしては、まず少量のエタノールにオイルを10滴ほど混ぜて足湯をしてみることにしたのです。

 

オイルを4滴とホホバオイルを混ぜて綿棒で患部に塗るというのを、朝と風呂上がりに続けています。毎日続けていますが、水ぶくれなどは消えて赤みも少なくなりホホバオイルの効果なのか、皮膚のカサつきが少なくなって潤いがある状態になっているように感じます。

 

自分の場合は、軽度のためすぐ対処することで爪水虫は短期間でよくなっていると実感しています。

 

しかし、自分でオイルを混ぜたり用意するのが面倒臭いという場合には、ティーツリーを配合しているクリアネイルショットなどの外用薬を利用することがオススメです。
クリアネイルショットなら有効成分をしっかり爪に浸透させることができ、効率的に改善することができるようになります。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら