爪先に異変を感じたら、疑うべき

爪先に異変を感じたら、疑うべき

爪水虫は普通の水虫と同様に、爪先が白癬菌に感染してしまっている状態です。でもじゅくじゅくとして痒かったり、痛みがあったりなどの自覚症状がほとんどないのが特徴です。私は爪が黄色く変色してから病院に行きましたが、中度の爪水虫になりかかっていると言われました。

 

 それから飲み薬と付け薬をもらって、しっかり治したのですが、二ヶ月くらい治るのに時間がかかりました。そのときのことを書いてみたいと思います。

 

 爪水虫は足の親指に感染するケースがほとんどのようです。初期の状態だと、爪が白く濁り、風呂に入って洗うとき、爪先がごわごわしたり、洗いカスのようなものがたくさんはがれ落ちてくるのが特徴です。

 

 症状がさらに進むと、私のように爪の色が黄色っぽく変色し、だんだん肥厚化していきます。普通の爪切りでは、爪が切れなくなり、ニッパーのようなものを使わなければならなくなります。

 

 もっとひどくなると、爪の色が茶褐色に変色し、ボロボロに欠けてしまいます。こうなってくると重度の爪水虫であり、爪自体がはがれ落ちてしまうこともあるそうです。
 治療方法は皮膚科の薬を正しく使うのはもちろんのこと、患部を常に清潔に保ち、高温多湿の環境を避け、なるべく乾燥させることです。

 

 この病気は治るのに、結構時間がかかるし、汚くなった足を見るのは本当に不快です。今は、入浴の時に、爪先から指の間まで丁寧に洗い、水気をしっかりぬぐっているので、再発はしていません。

 

 

爪水虫になって爪剥がれた体験

わたしは、数年前に爪水虫で悩まされた経験があります。気づいたのは、気温や湿度がすごく高い夏の日でした。自宅から帰ってくると、足の裏が今まで感じたことがないくらいにムズムズと違和感を覚えたのです。

 

でも、あまり気にせずにそのまま放置すると、足の親指の爪が変色していることに気づきました。さらに、爪の形も少しいびつになり、暫くすると爪剥がれた状態になりました。

 

ネットで調べると、爪水虫と言う病気であることが判明したのです。数日前に利用した温泉旅館の使い回しのスリッパから感染したと推測できました。さすがに病院に行くのが恥ずかしかったので、何とか自宅でケアできないかと探して見つけたのがクリアネイルショットでした。透明のジェルを足の爪に塗ると、硬い爪にスーッと浸透していくのが分かりました。液状なのですごく塗布しやすく、毎日、短時間でケアできるのが有り難かったです。

 

使用し始めて一ヶ月くらいすると、乾燥していた爪の表面が潤ってきたのを実感できました。そして、さらに一ヶ月経つと、変色していた爪が新しく生まれ変わり、すごくきれいになっていきました。剥がれた爪もすごく丈夫になったので、本当にほっとしました。クリアネイルショットは、爪水虫に悩んでいる人におすすめです。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら