断食をしても基本的に治らない

断食をしても基本的に治らない

爪水虫は断食をしても治らないと考えて間違いありません。予防対策としては免疫力を高めることが重要なので、断食をして胃腸をリセットするのは効果的かもしれません。しかし爪水虫を発症した状態においては、医療機関に行かないと治らないようです。

 

私の場合も地元の皮膚科で検査を受けて、白癬菌に感染しているとわかりました。自分では判断が難しいので、迷ったときは検査を受けるのが一番だと言われました。

 

爪水虫の治療は経口薬の服用であり、これが基本と言えるようです。ただ、薬の副作用で継続が難しい方、服用できない方などはレーザーを使用する場合もあると言います。レーザー治療は受けていませんが、レーザーの場合だと月に1回の施術が基本になるとのことでした。

 

爪水虫が完治するまでには数ヶ月を要しましたが、再発させずに治ることができました。その後はクリアネイルショットを使用して爪を健康にしています。爪も皮膚の一部ですから、保湿させることが何より大切となります。

 

十分に保湿すればバリア機能も正常になって、白癬菌への感染率も低くなるでしょう。クリアネイルショットは副作用がありませんし、毎日使用できるので気に入っています。1日1回の使用で本格的なケアができて、ボロボロを予防できるのです。

 

 

爪水虫はジェネリックの飲み薬で治せる

爪水虫に気づいたのは、爪に痛みが出てからでした。それまでは、確かに爪が汚く、変色していて、ボロボロになっていましたが、体質だと考えていたので特に気にせず生活をしていました。

 

ところが、ある日から突然爪周りに痛みを感じるようになってから、何らかの病気になっているのではと思い、色々調べてみました。すると、どうやら爪水虫の症状があるようで、治療をしようと考えました。治療方法は、病院で治療する方法と、自宅で塗薬を湿布する方法があります。

 

それに加えて、飲み薬もあります。飲み薬は通常病院でもらうことができるのですが、病院に通うと費用が高くなってしまいます。治療にはできる限りお金をかけてくないものですから、ジェネリックの爪水虫に効くものを試してみました。

 

爪水虫の飲み薬はで代表的なのが錠剤です。これらはステロイドの一種で、個人輸入をするとかなり安く購入することができます。しかし、ジェネリックの個人輸入は副作用が起きる可能性がありますので、あまりお勧めできません。

 

やはり、薬局で処方してもらうか、病院で薬を貰うことが一番いいのでしょう。私は薬局で処方してもらいましたが、しばらくして痛みがなくなってきました。