爪に段差ができる!?

爪に段差ができる!?

水虫ときくと不潔とかおじさんのなる病気というイメージしかありませんでしたので、まさか自分がなるとはまったく思いませんでした。はじめに爪が白く濁ってしまってボロボロとむけるような感じだったので、どこかにぶつけてしまったのかと放置していたんです。

 

そのうちに爪が厚くなってきて段差ができるようになって、これは普通ではないと思い皮膚科にいきました。そこでこれは爪水虫だと聞いたときはかなりショックをうけました。そんなに私が不潔なのかと思ったのですが、乾癬という菌が爪の中で繁殖したことでおこる症状で、夏場になる人が多いということを聞きました。

 

爪水虫になったので、しばらくは飲み薬と塗り薬で様子をみましたが、本当によくなったと思って油断するとまた悪くなるの繰り返しでした。医師からは、根治させるためには、しっかりと治療をしないといけないといわれ、毎日塗り薬を忘れずにぬったり清潔にするなど、かなり気を遣いました。結局きれいになるまでに1年くらいかかってしまいました。

 

爪に段差ができるほどになると完治にも時間がかかるのだと思います。少しでも自分の爪に違和感があったら早めに皮膚科や外科にいったほうが、早く治ると思います。

 

爪水虫にダマリンl は効かない?

最初、足の裏にできた水虫が広がって、爪水虫になってしまいました。 ダマリンl を使っていましたが、普通の水虫には効果があるものの、爪水虫にはいまいち効いていなかったように思えます。直接、患部に染みこませることができないと、 ダマリンl は効果を発揮できないのでしょう。

 

 爪水虫は、足にできた水虫が広がって感染することが多いようなので、まずは水虫が出来たら、すぐに ダマリンl などを使って治してしまうことが大事なのだと思います。
 風呂に入ったときに、足の指、一本一本を丁寧に洗い、軽石などの刺激を与えるグッズは利用を控えます。これは指先に小さな傷を作らないためです。ナイロンタオルなどで強くこするとそこに傷口ができ、白癬菌がさらに増殖してしまう原因になります。きれいにしたいからって強く洗浄するのは逆効果のようです。

 

 洗った後は、やわらかいきめの細かなタオルで患部を包んでぬぐい、薬をつけます。もし爪がはがれて、皮膚が露出しているようなら、 ダマリンl でも効果が見込めるかも知れません。とにかく直接つけられるか否かにかかっていますので。

 

 私の場合は皮膚科でもらった軟膏を塗りました。足を乾燥させる必要があるため、靴下は履きません。足の裏の水虫はしぶとく、治るのに半年くらいかかったと思います。二度と再発させないように、清潔を保つよう心がけています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら